最近は、ある時は木人を叩き、ある時はIDに行き、そのあと悔しさでまた木人を叩くというループのタンク練習をしています。
しかしなかなか上達しないんですよねぇ…。



基礎を学ぼう!ということでレベリングに通っているんですが、一番スマートに案内できないのがゼーメル要塞です。

今までそんなに存在感を感じなかったダンジョンなんですが、タンクで来るともうコントローラーを握る手が痛くてw

毎日うなされるほど悩ませる小悪魔な敵というのがいるんですが、それが、



このずんぐりむっくりバディのひよこちゃん。
遠くから見たらピカチュウに見えなくもない…?w

この子、釣ったつもりやのにすごい遠くにいるんですよねw

5歩くらい遠くから輪の中心人物を見つめてくる感じ。え、それって…


少女漫画とかに出てくる「いつもみんなの中心で笑ってるリーダー的な気になるあの人。はぁ…なんとか近づけないかなあ」って壁から見つめる奥手女子に似ている!!(読みすぎ)(大好き)

なんとなく「近づいてこない」で検索したら、「寄ってくる女と寄ってこない女の違い」とかで出てきますしね。

ちなみに奥手女子には積極的にアピールしなくちゃいけないらしい。
…ダメや、「私んとここないか?」しか浮かばん(ワンナイトカーニバル!)



それで、どうやって引っ張るかいろんな攻略見たんですが、ある方の「タンクは隠れる場所を探す」っていうのが一番参考になりました。

隠れた自分に攻撃を当てようと近づいてくるんだよーというのを見て、確かにゼーメルは隠れる場所あるもんねぇと納得。

自分もヒラでよく寄らされるので、勝手にこの技を「キャスホイホイ」と名付けて練習中です。



まぁ、ゼーメル要塞はそれ以外にも釣るテクニックが色々と学べるので、昔はなんとも思ってなかったけど、タンクとしては大事なダンジョンのひとつなのかな?と果敢に挑戦しています。

悔しいからもう一回行こう!という反骨精神がある今だからこそですがw



でも、頑張ろう。

ではまた。

つづく。